睡眠環境診断士 修了者の活動分野、現況、意見

第11回睡眠環境講座で、19名の睡眠環境診断士が誕生しました。


吉村 光彦(西川リビング(株)KI推進チームリーダー)

日本睡眠環境機構
睡眠環境診断士 第11-03号

第11回睡眠環境講座で「睡眠環境診断士」として認定頂きました西川リビングの吉村です。
この睡眠環境講座を受講し、快適な眠りを得るには、生活リズムの改善・食事・体温調節・寝室の環境に加えて、快適な寝姿勢を保てる寝具の必要性を改めて感じました。
私自身、生活者に対して、寝具を通して快適な眠りを提供していきたいと考えております。
日本睡眠環境研究機構のみなさんで協力して快眠と寝具の重要性を伝えて行きましょう。


大杉 天伸(いとしや 代表取締役)

日本睡眠環境機構
睡眠環境診断士 第11-07号

東京の(株)大塚家具で4年半の修行の後、家業の寝具店の後継者(3代目)として帰郷。12年前に地元佐伯市から大分市に2店舗目を出店。『眠り屋』という仕事を通して得た経験知が、今回の日本睡眠環境研究機構の講座の内容と重なり合いました。生活者の眠りの質の向上は、本人の健康はもとより昼間の活動の質を上げ、子供達の未来や地球環境へも影響を及ぼすことを確信。これからも『ポジティブな眠り』を多くの方に普及していきます。


清水 康弘

日本睡眠環境機構
睡眠環境診断士 第11-12号

寝具製造小売販売 1980年12月8日生まれ O型 兵庫県出身

すがすがしい朝を迎えること(=質の高い眠り)は日中の行動の活力源となり、しいては社会や経済に大きく貢献すると私は考えています。

睡眠の質を向上させることの重要性を消費者にわかりやすく説明し、寝具の選び方や寝室環境の改善などを提案することによって、健康で快適な生活を送ってもらえるよう努めます。


篠原 加奈子(株式会社石田屋 犀川店)

日本睡眠環境機構
睡眠環境診断士 第11-13号

睡眠環境講座では、寝具だけではなく人間にとって欠かすことのできない睡眠、および寝室環境について学ぶ良い経験ができました。
今後も一人でも多くの方に適した提案ができるよう知識を深め、研鑽を積んでいきたいと考えます。


▲このページの先頭へ