第2回睡眠環境講演会 2011年5月16日開催

日本睡眠環境研究機構 チャリティ講演会、収益金は全て、東日本大震災の義援金として寄付いたします。



第2回睡眠環境講演会


1.昨年に続き、第2回睡眠環境講演会を予定しました。

2.今回の講演会は、 日本睡眠環境研究機構チャリティ講演会として開催し、収益金は全て東日本大震災の義援金として寄付いたします。

3.東日本大震災では、地震津波の被災者、原発事故の避難者が大変の状況の中で頑張っておられます。疲労が蓄積されて、不眠の障害が出てきています。
今こそ、眠りの大切さを考える時で、睡眠環境診断士の活躍が期待されます。
睡眠環境に関する正しい知識をお持ち頂き、被災者、避難者の生活を応援して頂きたいと思いますのでご参加下さい。

講演会の内容は

1.最新の情報、新製品の開発などの寝具寝装品業界を活性化するための知見をいち早くお届けするために開催するものです。新製品が紹介されます。

2.前回の第16回睡眠環境講座が大変好評で、特に大塚先生の講演は、 寝具寝装品に関わる皆様には、一度は聞いていただきたい広範囲に亘る内容です。

3.原子力事故と放射能の基本的事項を良く理解しておく必要があると思われます
ので、物理学博士の佐藤忠理事に解説をお願いしました

4.今後、被災者/避難者の長期に亘る生活とくに睡眠環境の改善に必要な事柄を 環境工学の専門家である理事長に纏めて頂きました。


NPO法人日本睡眠環境研究機構は「寝具と睡眠環境」をテーマに、世界の人々の良い眠りに貢献することを目指して、睡眠と環境の科学技術を広く普及していくこと、並びに寝具と寝室の改善で冷暖房器具のエネルギー消費量を減らすことにより、CO₂を削減し地球温暖化防止に貢献すること、を目標に掲げて活動しています。

睡眠時無呼吸症候群など睡眠の質が社会問題になっています。良質の睡眠が得られるかどうかの課題には、寝具だけでなく、寝室の環境(温度、湿度、明るさ、騒音、空気質)を含めて、人体-寝具-環境のシステムとして総合的に把握することが重要です。適切な寝具を用いて暖冷房機器の使用を減らすことは地球温暖化の防止に貢献することにもなり、地震などに対する寝室の安全性など、睡眠環境は急を要する課題であります。

これまでに、睡眠環境学として学問と技術を体系化して、「地球環境保全と省エネルギー問題」、「国民の生活の質の向上」、「寝具、インテリア、ホテル、旅館、住宅、福祉などの睡眠環境に関連する業界の活性化の基盤」にすることを目的として、睡眠生理・寝具・環境の各分野の研究者、企業の実務担当者、そして、生活者、行政担当者に向けて、睡眠環境の全貌をよく理解して頂きたく、人間生活環境、睡眠環境の多くの分野の専門の先生方にご協力頂いて睡眠環境講座を開催してまいりました。

認定試験に合格されて、睡眠環境診断士の認定証を授与された皆様も、睡眠環境の知見を高めるために、ご参加頂きますようご案内いたします。

寝具業界も、科学と技術を本格的に取り入れる必要があります。科学技術を基礎から確実に身につけることは、製品の開発の大きな力となって実を結びます。寝具業界に関連する企業の皆様には、是非ご参加頂きたく、ご案内いたします。

今回、東日本大震災で、多くの被災者が大変の状況の中で頑張っておられます。睡眠と環境に関する専門家である睡眠環境診断士を中心に、「ねむりの駅」を眠りと寝具寝装品に関する相談拠点として、全力で応援してまいりたいと思いますので、ご協力下さい。

プログラム(予定)
9:00-9:05 ​挨拶​ 趣旨説明​理事長 梶井宏修
9:05-10:20​ 講演1​ 寝具の性能評価、認定証​日本睡眠環境研究所(工博) 川島美勝
10:20-10:35 講演2​ オブリ枕と福祉ポジショニングクッションの研究開発 ​丸井商事 井木英之、寝具の山田 山田敏二
10:35-10:50 講演3 ​自然が持つメカニズムを活用するものづくり​九州大学 坪田吉彦、(株)流体力学工房 佐藤和浩
10:50-11:05 講演4 ​快適に眠れるパジャマの開発(その2)​ (有) セルフセキュリティ 松下紀子
11:05-11:20 講演5 ​枕と布団による寝心地の変化 (株)丸八真綿 岡本八大
11:30-12:00 総会
​ 昼休
13:00-13:45 講演6 ​睡眠環境要素/熱・温度の基礎と放射線  ​神奈川大学(理博)  佐藤 忠
13:45-14:15 講演7 ​避難所の睡眠環境 -眠らない人はいない、今こそ眠りの大切さを考える時-​近畿大学(工博) 梶井宏修
14:15-14:45 講演8 ​空気質環境   ​横浜国立大学(工博) 堀 雅宏
14:45-16:00 パネル討論 日本の復活と寝具寝装品業界の活性化のために -日本睡眠環境研究機構の役割-
​伊藤哲朗、小野進一、梶井宏修、河田敏勝、佐藤忠、佐藤和浩、田中和昭、堀 雅宏、本木八住
16:00-18:00 講演9 睡眠の生理学(睡眠覚醒リズムの異常と不眠がもたらす様々な病気) ​東京女子医科大学 東医療センター病院長、教授(医博) 大塚邦明
18:30-20:30 懇親会


主  催:日本睡眠環境研究機構 協賛:横浜国立大学、全日本寝具寝装品協会、日本寝装新聞社 他
開催日:2011年5月16日(月)    会場:横浜国立大学 教育文化ホール、神奈川県民センター
参加申込:氏名、連絡先(住所,所属,Tel,E-mail)懇親会参加の有無 を記入して、E-mailにてお申し込み下さい。
申込先:NPO法人日本睡眠環境研究機構 〒238-0313横須賀市武5-25-10
TEL 046-857-0617, E-mail:kawashima_yoshikatsu@ybb.ne.jp, http://sleep-environment.org/
参加費:5,000円(会員、診断士)、無料(被災者、学生、業界以外の一般の消費者)
振込先:三菱東京UFJ銀行 大府支店 普通口座 No.4732561 日本睡眠環境研究機構 宛
会計担当;本木八住  TEL 0562-48-7373 参加者本人の氏名を明記して、お振込み下さい。

▲このページの先頭へ